敬老の日ギフトをプレゼントする際に注意するべきポイント

プレゼントに掛ける金額!敬老の日ギフトの注意点を覚えておこう

敬老の日ギフトをプレゼントする際に注意するべきポイント

女の子

口に合わない食べ物

一般的に自分の口に合わない食べ物をプレゼントされて、素直に喜べる人は少ないでしょう。敬老の日ギフトを選ぶ場合も同じです。好みの分かれる食べ物をプレゼントとして選ぶのは避けましょう。

すでに手元にある物

自分がすでに持っている物をプレゼントされても余るだけです。敬老の日ギフトでは日用品などをプレゼントすることも多いですが、注意が必要でしょう。使用頻度の低い物は失敗し易いのです。

自分の趣味に合わない物

本や衣服などをプレゼントとしてセレクトする場合、相手の趣味を考える必要があります。例えば、おじいちゃんやおばあちゃんに派手すぎる衣服をプレゼントしても喜ばれません。相手のことをしっかりと考えましょう。

プレゼントの相場価格

子供からのプレゼント

おじいちゃんやおばあちゃんに子供がプレゼントを渡す場合、一般的に3千円から5千円ほどの金額を使うと言われています。ある程度クオリティの高いプレゼントを購入できるのです。

孫からのプレゼント

孫からおじいちゃんやおばあちゃんにプレゼントを贈る場合の相場価格は千円程度です。高すぎないギフトを選んでいると言えるでしょう。基本的に高価過ぎるプレゼントを贈ることはありません。

友人からのプレゼント

友人がプレゼントを贈る場合は、2千円程度のプレゼントをセレクトすることになるでしょう。3千円を越えることはあまりありません。友人同士の場合も、高すぎるプレゼントは贈らないのです。

配偶者からのプレゼント

基本的な相場は5千円ほどとなるでしょう。場合によっては1万円程度の少々高価なプレゼントを贈ることもあります。とても身近な存在といえるので、多少プレゼントの価格も高くなるのです。

親戚からのプレゼント

親戚の場合は3千円程度が相場になります。ほとんどの場合、洋菓子や日用品などを選ぶことになるでしょう。十分なクオリティのプレゼントを用意することができる価格帯です。

広告募集中