きちんとラッピングする!透明封筒の使い分け方

使い分けるコツを掴む!透明封筒を使ったラッピングのヒント

プレゼントの種類

プレゼントには密封されているものや、そうでないものなどいくつか種類があるでしょう。透明封筒を使うのであれば、封筒の種類も使い分けることが大切です。違和感のないラッピングを実現できるでしょう。

きちんとラッピングする!透明封筒の使い分け方

袋

取り出しやすいラッピング

チャックやテープの付いていない透明封筒を使うことで、中身が取り出しやすくなります。すぐに中身を取り出してもらいたいプレゼントをラッピングする場合は、このような封筒を使いましょう。

自由に閉められるラッピング

チャック付きの透明封筒であれば、いつでも開封したり密封したりすることができます。小分けのお菓子などをラッピングするなら、チャック付きの透明封筒を使うと良いでしょう。少しずつ食べることができます。

完全に密封するラッピング

中身を完璧に密封したい場合に関しては、テープが付いている透明封筒を使うのがベストです。汚れることもないので便利でしょう。一度開封したら使い切るタイプのプレゼントをラッピングするのに最適です。

広告募集中